Top >  シンガポールの観光スポット >  マーライオン

マーライオン

ラッフルズ・シテイから、広いエスプラネード公園の中のエリザベスウォークを散策しながら海辺に出ると、そこにはあの有名なマーライオンが姿をあらわします。マーライオンは、上半身がライオンで下半身は魚になっている像で、当時の首相リー・クアンユーにより1972年に建てられたシンガポールの象徴的な存在ですが、その由来に付いては未だはっきりした説はありません。

当時栄えていた都市の名「トゥマシク」(ジャワ語で海の意)をフランス語の「海=Mer」に置き換えて、シンガポールの名の由来となった「ライオン」の名と合体させたという説もあります。また、当時のシンガポール一帯を勢力下に治めていたシュリヴィジャヤの王子が当地を訪れた時に夢に見た、「獅子のような白いたてがみを持った動物」がベースになった、という伝説のようなものもあります。

マーライオンは赤レンガ敷きの小さなマーライオン公園にあったのですが、公園内からだとマーライオンの後姿しか眺められず、正面から眺めるには対岸に行くか船に乗るかしかなく、「世界3大がっかり」などと長年不評を買っていました。ところが2002年に、元の公園から120メートル先にあるワン・フラトン横の新しいマーライオンに移ってからは、正面からも見えるように桟橋もつけれられ好評を博しています。また、展望デッキからは遠景の高層ビルを背景にしたマーライオンの景観が眺められ、口から吐く水も一日中見ることができるようになり、やはり一度は訪れてみたい観光スポットです。

シンガポールの観光スポット

シンガポールは小さな島で、市街地はとても整備された近代都市ですが、同時に自然を大切にする国家でもあります。そのため街中にも緑や草花は溢れており、自然をテーマにした観光施設やテーマパークが数多くあります。また、国家としての歴史が浅いため、国家的な象徴として世界的にも有名なマーライオン像を観光資源として活用もしています。自然の中の動物を観察できる動物園やナイトサファリ、自然の中で目一杯楽しむことのできるセントーサ島など、時には街中から離れてシンガポールの自然を体感してみましょう。

関連ページ

  • セントーサ島
  • マーライオン
  • シンガポール動物園
  • ナイトサファリ