Top >  シンガポール観光基本情報 >  シンガポールの文化

シンガポールの文化

シンガポールの国民は、華人(中華系)が約77%、マレー系が約14%、インド系が約8%、その他が1%といった複合民族で構成されており、主に3つの民族による3つの文化が存在します。公共のメディアや公共的なものにもそれぞれの文化が反映されており、その異なる民族や文化間にはあまり交流は見られないようです。つまり、一つの国家で同じ国民として共生しながらも、互いに交わることなく別々のコミュニティーを作り、それぞれ独自の文化や生活様式を守っているのが特徴です。

宗教も、仏教や道教、イスラム教、ヒンドゥ教などが混在しており、国教は定まっていません。国の公用語は英語、標準中国語(北京語を基礎とした中国語)、マレー語、タミール語の4つがありますが、それぞれ本来の母語とは少し違ってきており、シンガポール独自のナマリと文法のある独特の言語となっています。ビジネスや教育の場では、主に英語が主体として使われており、若い世代は、それぞれの母語のほかに英語や他の言語も話せるバイリンガル、トライリンガルが殆どです。

また、日常的な生活面での文化では、各民族に共通して言えるのが外食文化です。シンガポール人は、基本的にはどの民族も自炊をすることはあまりなく、食生活は外食が殆どです。これは、通商都市として発展する過程で、男女の差なく労働に携わるのが普通でしたから、家庭で家事に専念する環境はあまりなく、時間の掛かる自炊は非現実的だったことからです。そのため、外食文化はシンガポールの発展と共に急成長し、路上の屋台文化からフードコートやホーカーズなどの清潔で快適な屋台村へと変遷してきました。

シンガポール観光基本情報

シンガポールは、イギリスの植民地から日本の統治下を経た後にマレーシアに併合され、近年になって独立した都市国家です。

関連ページ

  • シンガポールの天気/気候
  • シンガポールの歴史
  • シンガポールの文化
  • 時差、ビザ、法律、通貨、物価