Top >  シンガポール観光基本情報 >  シンガポールの天気/気候

シンガポールの天気/気候

シンガポールは赤道直下の熱帯モンスーン気候に属しており、一年を通して高温多湿の常夏の国です。季節はあまりはっきりとはしませんが、雨季と乾季の2つに分かれており、北東モンスーンの影響から10月から翌3月にかけては降水量が多く雨季の季節となります。一方、4月から9月は南西モンスーンの影響で、普段は空気も乾燥して天気のよい日が続きますが、かなり強いスコールが1時間ほど降って強風が発生することがあります。また、6月から8月にかけては日差しも相当強くなります。

1年の平均気温は27度強で、最低気温が25度前後、最高気温が33度前後、湿度は平均80%を超える蒸し暑い気候です。ちょうど日本の夏のようですが、朝夕やスコールの降った後には気温は少し下がって涼しいです。1年中あまり大きな変化のない気候なので、年を通してベストシーズンともいえますが、11月から1月にかけての一番よく雨の降る時期が、気温も少し下がって過ごしやすいようです。雨とは行っても梅雨のように1日じとじと降るのではなく、短時間の間に強いスコールが降るだけですから、行動予定に支障が出るほどではありません。

お天気の方は一年を通して毎日快晴ということではなく、晴れ間の多い日や曇りがちの日もありますが、曇っている日でも紫外線が強く日本の比ではありませんから、日焼け対策と目を守るサングラスなどはしっかり用意しておきましょう。服装は、日本の夏を想定して用意すれば大丈夫ですが、レストランやショッピングモールなどではエアコンの強すぎる所もありますから、なにか長袖のものを一つ用意しておく方がいいでしょう。

シンガポール観光基本情報

シンガポールは、イギリスの植民地から日本の統治下を経た後にマレーシアに併合され、近年になって独立した都市国家です。

関連ページ

  • シンガポールの天気/気候
  • シンガポールの歴史
  • シンガポールの文化
  • 時差、ビザ、法律、通貨、物価