Top >  シンガポール観光ガイド >  シンガポールの土産

シンガポールの土産

シンガポールで精一杯楽しんだら、家族や友人知人、会社の仲間、そして自分用にもお土産を買って楽しい思い出にしましょう。シンガポールでは、デパートやホテルのショッピングアーケード、土産物専門店などいくらでもお土産を買うところはありますし、また街歩きの先々でも面白いものや楽しいものなどを見つけることができるでしょう。

食品や菓子類などはお土産物ショップなどで購入するよりも、デパートの食料品売場やスーパーマーケットで選ぶ方が品数もありリーズナブルです。ブギス近くのムスフタファ・センターなどでは、激安価格で様々な食品や嗜好品が手に入ります。一般的にはマーライオンのグッズやチョコレート、ドライフルーツやマンゴプリン、マンゴティなどが無難ですが、以下に少し洒落たものを混じえて紹介します。

◆ラッフルズホテルのグッズ
ラッフルズ・ホテルには、その華麗な歴史にちなんだ面白いギフトやグッズがあります。ホテルのミュージアムショップでは、このホテルで生まれたシンガポール・スリングがデザインされたTシャツやコースターなどのグッズなどがあり、ホテルオリジナルのキーホルダーやアンティックなデザインの小物が色々と揃っています。

◆RISISストアの蘭のアクセサリー
国立蘭園入り口にあるRISISストアでは、蘭のブローチセットやペラナカン(中国とマレーの混血文化)風のデザインをしたグッズがあります。蘭はシンガポールの国花ですが、このアクセサリーは本物の蘭を金で加工し、ブローチやイヤリングなどにしたものです。ペラナカン風のアクセサリーや名刺入れも凝ったデザインであまり他では見かけません。

◆ネイチャーギフト
シンガポール植物園のギフトショップでは、自然に関する装丁の素晴らしい本や様々なネイチャーグッズが揃っています。自然志向の友人などにいいプレゼントとなりますね。

◆リトルインディアのスパイス
リトルインディアには数多くのスパイスショップがあり、あらかじめカレー用に調合したものやガラムマサラなど新鮮な挽き立てのスパイスが手に入ります。親しい人や家族、自分用のお土産として最適でしょう。また、マレー人地区のゲイラン・セライでは、マレー料理のスパイスも手に入り、こちらはちょっと料理にこだわる友人などに喜ばれるでしょう。

◆カヤジャム
ココナッツミルクと卵、砂糖で作られるシンガポール名物の「カヤ」は、トーストに塗って食べると最高です。色々なものが市販されていますが、国内で作っている唯一のメーカーで「シンガポール・プレミアム・ギフト」にも選ばれているSING・KEE・KAYAのKAYAジャムをお勧めします。

シンガポール観光ガイド

シンガポールはショッピングとグルメの街、街歩きでどのエリアへ行ってもショッピングやグルメが楽しめます。ショッピングは、超一流ブランドからローカルカジュアル、リーズナブルなエスニック雑貨など、どなたにも楽しめる街です。ちょっと変わったお土産なども街歩きの合間に探せます。グルメも日本人の口に合うシンガポール料理をはじめ、B級グルメまで盛り沢山。空港では、時間待ちの間も退屈することなくショッピングや様々な楽しみが充実しています。また、そんな清潔で近代的なシンガポールにも、やはり風俗は存在するのです。

関連ページ

  • シンガポールのショッピング
  • グルメとシンガポール料理
  • シンガポールの土産
  • シンガポール空港案内
  • シンガポールの風俗/夜遊び